ブログ|博多駅徒歩5分、福岡市博多区のインプラントなら、ゲン歯科クリニック

092-471-0110

〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13 博多駅前ビル5F
TEL: 092-471-0110

(診療時間 9:30~13:30/14:30~18:30)

 

ゲン歯科クリニック 医療法人 聖和会 ゲン歯科クリニック Gen Dental Clinic

クリニックブログクリニックブログ

入れ歯とブリッジの違いってなに?

2020年1月14日 カテゴリー:歯科コラム

皆さんこんにちは。

ゲン歯科クリニックです。

 

歯科治療というのは、専門用語が多くて、それぞれ何を意味しているのかわかりにくいところが多いですよね。

 

例えば虫歯をカリエスと読んだり、入れ歯をデンチャーと読んだりするなど、そこにはどんな違いがあるのか混乱してしまうものです。

 

そんな中、入れ歯とブリッジについても、その違いがあまりよくわかっていない方もいらっしゃいます。

 

そこで今回は入れ歯とブリッジの違いと共通している点についてわかりやすく解説します。

 

 

どちらも歯を失った時に行う「欠損補綴(けっそんほてつ)」

 

入れ歯とブリッジに共通する点は、どちらも歯を失った際に適応される「欠損補綴(けっそんほてつ)」という点です。

 

虫歯や歯周病が重症化して、歯が抜けたり、抜かざるを得なくなったりした際に行います。

 

ですから、まだ歯冠や歯根が残っている状態では、入れ歯やブリッジを適応することはありません。

 

 

「入れ歯」は歯を失ったすべての症例に適応できる

 

入れ歯は、歯を1本失った症例から28本失った症例まで、すべてにおいて適応することが可能です。

 

ただ、1~2本の欠損であればブリッジによる治療が優先されるのが一般的です。

 

 

ブリッジの方が噛み心地が良い?

 

ブリッジは入れ歯と比較すると、見た目や噛み心地など、いろいろな点において優っているといえます。

 

なぜなら、ブリッジは歯根がしっかりとした天然の歯に被せる補綴物であるからです。

 

ブリッジ全体が歯列の中に固定されるため、天然歯に比較的近い噛み心地を手に入れることができます。

 

ただ、失った歯の本数が増えてくると、その安定性も崩れてくることから、入れ歯の方が適した治療法となってきます。

 

ですから、入れ歯とブリッジにはそれぞれ異なるメリットとデメリットがあり、その機能を最大限発揮できるケースも大きく異なるといえるのです。

 

 

まとめ

 

このように、入れ歯とブリッジでは、適応できるケースや治療方法そのものに違いが見られます。

 

どちらが適しているかは患者さまのお口の状態によっても変わってくることから、事前の精密検査が重要となってきます。

福岡市博多区のゲン歯科クリニックは福岡市博多区 歯医者口コミ(クチコミ)・評判ランキングで紹介されています。 ご来院された患者様で「ゲン歯科クリニック、よかったよ~」と思って頂いている方は、ココから歯医者口コミランキングに行って、 「ゲン歯科クリニック」の投稿からご感想を頂ければ幸いです。尚、ホームページに戻るには右のHPというところから戻れます。

個別相談はこちら

メールでのお問合せ ▶

~患者さんとの信頼のキャッチボールを大切にしたい~

ご予約はホームページからでも可能です。

お電話でのお問い合わせ

0800-200-3990

受付時間
9:30~13:00/14:30~18:00

このページのトップへ戻る